2016年05月31日

徐冷という大切な作業

先日の講座は「徐冷」についてちょこっと。


細工物でとっても大切な作業のポイントは「溶着」ですが
同じくらい大切なのは「徐冷」。

ちゃんとした温度管理をして歪を取ってあげないと、
せっかく溶着が上手く出来て、割れずに完成した作品もいつか割れる可能性があります。
今日割れなくても、明日割れるかもしれないし、1年後に割れるかもしれない。
もしかしたらずーっと割れないかもしれない。
でも、「割れるかも」という不安の種はずっと残るのです。徐冷作業をしていないと。

特に他人に渡る可能性があるのなら、電気炉での徐冷はとても大切な作業です。

このパッと見分からない歪ですが

P1090401.JPG

目で見て確認できるようにすると…
(上は徐冷作業をしていない魚で、下はしてあるものです。)


P1090399.JPG

より実感して、理解してもらえるようです。

バーナーワークの作品作りの道具として色々な徐冷材がありますが、
作品として人の手に渡るものならば、電気炉での徐冷が勧めです。






posted by うづき at 11:05| Comment(0) | ガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

喉が痛いー

日曜日の夜から喉が痛いー。
月曜日には唾を飲み込むのも一苦労な痛さ。
本当は医者に行けばいいんだろうけど、しんどい時って行く気力さえ無い。
それにもっとバーッと熱が出れば、「行かねば!」って思うんだけど微熱ではねぇ…。
とにかく、この喉の痛さを何とかしたーい!と、思いつく限りの対処法を試してみました。


P1090397.JPG


はちみつ大根作ったり、緑茶や紅茶でうがいしたり、生姜コーラ作ったり、
はちみつレモン作ったり、喉の痛みに的を絞った市販薬飲んだり…
まぁどれかは効果あるだろうと手当たり次第の人体実験中。
効いても、どれが効いたか分からないけれど。

あまりに久しぶりに喉から風邪が来たので、初期症状での対処を誤ったのが
敗因かなあ。






posted by うづき at 12:50| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

猫も開く季節になりましが


寒さが遠い季節になると、猫の開きが始まります。


P1090392.JPG


セサミも景気よく

P1090382.JPG




ですが、オイルはめったに開きません。

P1090369.JPG


オイルの開きは超貴重なのです。
ま、超寒がりだしね。
夏でも日向に居るしね(熱中症になるって言ってんのに!)


posted by うづき at 00:40| Comment(0) | オイルサーディンセサミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

久々のヘアワックス作り


うっかり椿油を切らしてしまったので、今回はセサミオイルで。
手作りだと、いつでもササッとすぐ作れるのがいいんですよねー。
残りを気にしながら使ったり買ったりはメンドクサイ。
美容師さんに作り方を教えてもらって以来、ずっと自作です。
簡単、お手軽で面倒くさがりの私にはぴったり!
だって、適当なオイルに蜜蝋を入れて湯煎するだけ。
15分もかかりません。


P1090379.JPG



でも、今回精油(ティーツリー)を入れ過ぎて香りが…キツイ。
しまったなぁ…おかげで猫たちが寄り付かない。



P1090372.JPG
「クサイです」

…ごめんよ



posted by うづき at 19:26| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

オイルの健康診断

P1090345.JPG

今年でオイルは7歳、人間の年齢に換算すると44歳。
すっかりおじさんの仲間入りです。

そろそろ健康に気を付けなくちゃいけない年齢です。

0111.jpg

若いころはこんなシュッとしたイケメン君でした(笑)
このころはまだ右目もちゃんと開いていて、下あごの牙も出っ歯になっていないので
随分雰囲気は変わったかも。
独眼竜出っ歯と、とーちゃんに呼ばれ、ちょっと強面に成長したオイルですが
めちゃくちゃ甘えっ子の賢い子に育ってくれました。
病院の先生も「オイル君は自分がされることをちゃんと理解して我慢できる子ですね」と。

…そう、我慢できてしまうのがちょっと不憫で…。
もうちょっとワガママでもいいんだどな。

セサミが来た当初、サーディンとセサミの仲をなんとかしようと
胃炎になりました。神経性の。ストレスです。
セサミは子猫で空気を読めず、サーディンは末っ子気質で器が小さい。
馴染むのには時間がかかりました。
それを何とかしようとしていたようです。
しょっちゅう喧嘩の仲裁に飛んで行ってました。…喧嘩ではないかな。
セサミの遊んで攻撃にサーディンが切れていただけで。

病院の先生には
「中間管理職のストレスみたいですねえ…」と。


最近なんとか落ち着いてきてくれ、オイルもこんな格好で寝るように。

P1090370.JPG

こんな寝かたをしている時は調子の良いオイル。
わが家では「シュワッチ寝」と呼んでます。
どこも悪いとこがないといいなーと願いつつ受けた健康診断。
結果はどこも異常なし!やった!
これから健康に気を付けて長生きしようね。


posted by うづき at 08:55| Comment(0) | オイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

サーディン6歳になりました。


今日でサーディンは6歳になりました。


P1090326.JPG



そろそろ健康に注意しなくてはね。
次のワクチンの時に、健康診断もしてもらおうか?


P1090323.JPG

「いやです」


ただ、オイルやセサミと違ってサーディンを病院に連れていくのは
なかなか骨が折れるからなー。
サーディンのお陰で、暴れる子はハードキャリーよりソフトキャリーのほうが
ベストだと気づきました。
ハードはプラスチックですから強烈な力が加わると割れるんです。
入口の扉とか。実際、割れかけました。
プラスチックもえぐれていたりします。
ソフトの方は爪で穴が開くことはあっても、引き裂くほどの事は出来ない。
なので、サーディンみたいに強烈に暴れる子はソフトの方が良いのですが…。
行くまでの間に、キャリーの中で色々とやらかしてくれるので、
結局洗えるハードに入れて連れて行ってます。
いつ扉をぶち破られるかひやひやしながらのお出かけです。

posted by うづき at 20:34| Comment(0) | サーディン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする