2018年05月29日

作品委託


作品を置いて頂いている場所は2か所。


亀戸のライティングハウスTOKYOさんと、稲田堤の楓杏さんです。



先日は久々に亀戸に委託作品の新作を持っていきました。


お店は亀戸天神のすぐ横にあるので、いつもより道します。



IMG_20180521_105446.jpg



五月連休の頃なら藤が見頃ですけど、さすがにもう葉っぱだけでした。

来年はちゃんと時期を見て来よっと。



IMG_20180521_105729.jpg



スカイツリーも見えます。

まだ、登ったことは無いけれど。いつか。




IMG_20180521_105558.jpg



そしてここの池には亀がたくさんいます。

そりゃあもう、うじゃうじゃと!

甲羅干しなんて、亀が3段4段に重なってますし。

色がカラフルなので外来種かな?




今回持って行ったのは、月うさぎの琵琶と龍笛。

二人展でお嫁入りし損ねた子たちが、心機一転、亀戸の地で新しい出会いを待ってます。

7月にはもう少し追加の予定です。






続きを読む
posted by うづき at 08:00| Comment(0) | ガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

エリザベスカラーについて思う事

サーディンにエリカラが必要になり、試行錯誤するはめに。


普通に猫用となっているカラー使用。高さは13cm


         ↓


余裕で顔の傷に手が届く(泣き)


         ↓


高さ14cmで手作りしてみる


         ↓


力技でカラーを曲げ傷口に手が届く


         ↓


厚さ0.5mmある厚いアクリル板で手作りする


         ↓


家具などの角を使って傷を掻くという、創意工夫を凝らし始める


         ↓


ミニチュアダックス用の細長いカラーにする(長さ16cm)

水はギリギリ飲めて、ゴハンは監視付きで外してました。


P1100630.JPG


ここまでしてやっと傷にさわる事が出来なくなって一安心。

メインクーンの大きさと力の強さを舐めてました。反省。


部屋の中も少しでも尖ってる角は出来るだけ撤去。

紙袋の角とかドライフードの袋の上部を曲げた部分を使って

傷を掻こうとするんですよ!


P1100628.JPG

お陰で、治りかけて傷が何度悪化したことか。

猫の賢さ侮れず。

これ以上工夫されたらケージを買ってこなくては。



P1100615.JPG


目が死んでる…。でも仕方がないね、あとちょっと。

サーディンの賢さは半端なので油断しないようにしよう。

オイルみたいに、薬を付けたら痒くなくなるとか

この薬を飲んだら痛くなくなるっていう関係が

どうやら理解できていないようなので。ふぅ…。





posted by うづき at 13:32| Comment(0) | 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

猫の肉球は気持ちいい

肉球ぷにぷにしても怒らないのはオイルだけ。


IMG_20180516_140453.jpg

ちょうどグミくらいの固さで気持ちいい〜。

ついつい無心にぷにぷにして、そのうち怒られます。





IMG_20180516_153801.jpg


オイルとセサミは仲悪くないんだよなあー。

サーディンともこんな風になってくれたらなー。





IMG_20180516_143029.jpg


今年も八重のドクダミが咲きました。

品種改良されたものらしいのだけど

毎年、なぜかはびこる一重のドクダミは引っこ抜いて(ごめんねー)

八重を大事に育ててます。

だって、可愛いから!


ただ、香りはドクダミそのものです。





 
posted by うづき at 07:33| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

猫姿切抜皿


定番で地味に作り続けている猫のお皿


和菓子とか焼き菓子を載せてちょうど良い大きさです。




P1100625.JPG




先日の展示で最後の一匹が無事お客様の元へと旅立ちました。

ありがたい事に追加注文をいただいたのでまた、作り始めています。


尻尾がふっさりとした長毛の猫がイメージです。






posted by うづき at 07:47| Comment(0) | ガラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする