2014年07月30日

爪切り

P1060462.JPG

今となっては、オイルの爪切りも楽勝!
特に抵抗されることもなく、体を預けてくれます。

この子たちの爪、結構頑丈なので猫用のでは切りにくく、
使っているのは人間用の爪切りです。


猫の爪の切り方を調べると、

「肉球を軽く押すと爪が出てくるので、
血管の通っていない部分を切りましょう」

と、あります。

が!四年前なんて、え?血管はどこ!?
そもそも肉球押しても、爪でないよ!?
なーんて状態でした。

子猫だったサーディンはまだしも、オイルなんて肉球を
触らせてもくれなくて(泣)
こんなんでこの先大丈夫なのかと不安になったなー。

今、爪を見ると、どうして血管の通っている部分が
分からなかったのかが逆に不思議…。
初心者ってそういうものかも(笑)


P1060460.JPG

縦列駐猫?



posted by うづき at 07:02| Comment(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

お手入れは難しい

メインクーンは長毛クンなので、ブラッシングは必須。

でも、冬って静電気で毛がバサバサ〜。

ま、オイルに限った話ですけどね。

サーディンは本当に手間いらずの毛質なんです。不思議。
なにしろ、ブラッシングサボっても毛玉は皆無。いつも艶々で手触り抜群!

P1020520.JPG
「なんで、にーちゃんはボサボサですか?」


それと比べてオイルはブラッシングしても毛玉を作りまくる毛玉職人で、
毛が細ーいからすぐにヨレヨレで、すぐヨレるのに何故か脂っけ皆無でパッサパサ。
昨日は無かった場所に今日はカチカチの毛玉。
泣く泣くハサミでチョキチョキ…。
只今、オイルの首周りの毛は少々寂しいことになっております。
ふさふさしてて、白くてきれいなんだけどねぇ…ちゃんとしてれば(泣)

P1030689.JPG
「かーちゃんにガタガタにされました。かっこいいですか?」


そんなオイルの負担が減るように、最近は柘植の櫛を愛用中。
20年前にダンナさんからプレゼントされた大切な櫛ですよ!オイル君!
大事に大事に椿油で手入れを続けた20年物ですよ!

おかげで調子良いです。静電気起きなくてオイルも機嫌良さげ。
やっぱり、パチパチするのは嫌だもんね。
でもやっぱり、私にはオイルの毛並みをベストな状態にするのは
まだまだ難しいようです。

ごめんね、オイル



posted by うづき at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

換毛期の恐怖

換毛期の抜け毛がこんなにもスゴイ事になるとは思いませんでした。
午前中に掃除機をかけると、ごっそりと取れます。
でも、夕方に掃除機をかけてもやっぱりごっそりと取れます。

本体(オイルとサーディン)のブラッシングも同じような状況で
毎日毎日、ごっそりと収穫できます。ええ、そりゃあもうごっそりです。
ハゲないのか?と心配になるほど取れます。
でも、ハゲてないんですよね…。
P1000956.JPG
我が家のお手入れ道具達

5月連休のシャンプーでオイルの毛玉もほぼ処理が出来、
あとはこの状態を維持できれば…。

ちなみにオイルとサーディンは毛質が全然違っていて、
サーディンは毛玉とは無縁の張りのある毛質で、あんまりヨレません。

オイルはねー…。
細くて柔らかいほんとうに繊細な毛で。
あっという間にヨレヨレになって絡まって毛玉になってしまう(泣)
しかもフサフサとは言い難いので、ブラッシングもサーディンのようにガシガシ
やる訳にもいかず、そーっとそーっと細心の注意です。

P1000905.JPG
「僕もそーっとそーっとやってよ!」

はいはい。君のブラッシングはそーっとそーっとでは追いつかないでしょー。
諦めて下さいよ、ね?

美しい毛なのに私の実力ではその美しさを発揮できず。
ごめん、オイル。
P1000764.JPG


posted by うづき at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする